アジアの音楽情報と国際協力:音楽資料の調査と音楽図書館の連携

 

助成: 立教大学国際学術研究交流制度 国際会議助成

2018年6月16日(土)14:00-20:00 立教大学 池袋キャンパス 12号館 地下1階 第1・2会議室


 

開催趣旨

 

 本会議「アジアの音楽情報と国際協力の推進:音楽資料の調査と音楽図書館の連携」は、アジアにおける初の国際音楽資料情報協会(IAML)と国際音楽文献目録委員会(RILM)との合同会議である。各団体は、これまで国内の各種学術団体の協力の下に、音楽資料の収集および保存・検索提供、音楽情報に関する普及啓蒙活動、国際本部との連携作業を行ってきた。

 しかしながら、従来、この分野の活動は、直接関与する団体内でのみ共有される傾向があり、それゆえに、例えば音楽資料の専門家の育成など、日本と共通の課題を抱えているにもかかわらず、それが共有されてこなかった。

 本会議の主旨は、RILM本部の所在地であるアメリカとアジア各国関係機関から講演者およびパネリストとして、音楽学、図書館学、文献学、社会学、文化政策研究などの専門家のみならず、音楽図書館で実際に職務にあたる司書を招聘し、こうした現状と課題について共有し、かつ会場全体で討議を行うことであり、各国関係機関や個人が、様々なレヴェルで将来の発展的な協力関係を構築するための有意義な場として機能することが期待される。

 


スケジュール

第1部

14:00-14:10: 開会挨拶

14:10-15:15: 基調講演

 

PART II

15:30-16:15: 公開シンポジウム

16:15-16:30: 質疑応答; 自由討論

 

PART III

16:45-17:30: 統括討論

17:30-17:45: 質疑応答; 自由討論

 

夕食会: 18:15-20:00

 

講演者

 バーバラ・ドッブス・マッケンジー

RILM 会長, 

ニューヨーク市立大学大学院センターBarry S. Brook Center音楽研究所所長

IAML前会長 


ズドラヴコ・ブラゼコヴィッチ

RILM編集長, 

ニューヨーク市立大学大学院センター音楽図像学研究所所長, 

 ICTM音楽図像学研究会会長


ベンジャミン・クナイサク 

RIPM業務副責任者 

要旨



ポスター発表

株式会社 トッカータ

遠山一行記念日本近代音楽館




アジアの音楽情報と国際協力の推進:

音楽資料の調査と音楽図書館の連携

Music Information in Asia and Advancement of International Collaboration:

Searching the Music Source and Connecting the Music Libraries

助成: 立教大学国際学術研究交流制度 国際会議助成